フードボウルで食べる猫の写真 おしゃれなおやつボウルの写真 水飲みボウルで水を飲む猫の写真 水飲みボウルの写真 コーヒーを入れたマグカップで一息入れる写真 水飲みボウルで水を飲む2人の猫の写真 和風な敷物に合わせたホワイトボウルの写真

水飲み用ボウル

水飲み用ボウルの全身写真
  • 左:ボウルM(約) 14.5×6.5cm
  • 中:ボウルS (約)10.5×5.7cm
  • 右:ボウルL(約) 16.3×6.5cm

ネコちゃんやワンちゃんのオーナーさんたちから 「この器に変えてからお水を飲む量が増えた」「気がついたらこの器のお水ばかり飲んでいる」と驚きや喜びの声をたくさん頂いております。

人肌程度に温めたものを好むネコちゃんやワンちゃんが多くいます。特に冬場は人肌より少し温かくするなど、温度を少し変えてみることでより多く飲んでくれる場合があります。メニューバーのヘルスウォーターシリーズ「飲んでもらうための工夫」をご参照ください。

※ 嗜好や体調には個体差があり、使ってすぐに違いが認識できるとは限りません。また、中には新しい物への警戒心が強い動物もいます。最初はすぐに飲まなくても、まず器の存在に慣れるまで、じっくりと待ってみてください。

▲TOPへ

フードボウル

フードボウルの全身写真
  • 左:フードボウルM (約)14.7×3.3cm
  • 右:フードボウルL(約) 15.7×4.2cm

猫特有の食べ方に配慮し、猫が食べやすくまた周囲をできるだけ汚さないように開発した猫専用の食器です。

猫にはザラザラした舌を使って食物を舐め取ったり、口に入れた後、頭を振って飲み込んだり、という独特の食べ方があります。またヒゲが汚れるのを嫌う猫にとって深い器は食べにくく、浅いお皿は食物が器の外に押し出されて周囲を汚してしまいがちです。

猫が食べる時の行動を示した図

猫専用のフードボウルは、器の中に段を設けたことで、猫が口にする場所は常に浅く、猫は快適に食べることが出来ます。また食べながら押し上げてしまった食物は、段の縁で銜えて食べることもでき、さらに外側の少し立ち上げられた縁はフードを器の外へこぼれにくくしています。

Mサイズ(容量約100cc)はより食べやすいように浅く、Lサイズ(容量約200cc)はよりこぼれにくい深さになっています。※ 缶詰主体で容量の多い食事の猫ちゃんにはLサイズをおすすめ致します。猫ちゃんの食事量に合わせてお選び下さい。

◆ワンちゃんも使ってます!オーナーさんから感想を頂きました:猫フード皿は水薬を薄めてパンを浮かせてワンに食べさせるのに最適です。皿でもボールでもなく、少量の液体がこぼれず、口が広く浅く残りがよく見えて最高!(東京都/佐々木様)

▲TOPへ

わんボウル

わんボウルの全身写真
  • 左:わんボウル S(約) 14.5×5cm
  • 右:わんボウル M (約)17.5×6cm

安定感のある重みの器で、手作りすることも多い犬用に、手作りご飯やウェットフードでも食べやすい形状になっています。水飲み用としても使うことができます。

▲TOPへ

にゃんマグ

にゃんマグの全身写真
  • 左:にゃんマグ 緑系(約) 15×6cm
  • 右:にゃんマグ 白系 (約)15×6cm

「猫が飲みやすい」を追求した猫のためのマグです。

器の上部は広く猫のヒゲの邪魔になりません。お水の量が残り少なくなっても、底の径は小さいので最後まで飲むことができます。

内部に段を設け、「縁飲み派」の猫も鼻先が器に当たりにくく、水面が低くなっても飲みやすい形です。器の底に重みを持たせているので、上部が広くても安定感があり、縁があることで、お水が器の外にこぼれにくくなっています。

おおよその分量の目安を示した図

内部の段は、お水の量の簡単な目安になります(下の凸段までで約150ml、その上の凹段までで約200ml)。

▲TOPへ

おやつボウル

おやつボウルの全身写真
  • おやつボウル2個セット
  •      (約)11.5×4cm

退屈しがちな室内猫にとって、おやつは楽しいコミュニケーションツールとなるものです。また不足しがちな水分を、好きなスープにして与えてあげれば水分補給の一助になります。特別な高価なお水やミルクなどをあげたいときにも、ちょっと使いのボウルがあれば便利に使えるでしょう。

置きっぱなしの食器ではなく、そうした楽しいおやつと水分補給を兼ねたちょっと使いの「おやつボウル」は新しい提案です。猫は一度に食する量が少ないので、小さく可愛らしいデザインで2個セットにしました。

◆ネコちゃんのオーナーさんから感想を頂きました:おやつをあげるときに使うので、見ただけで飛んできます。(北海道/梅津様)

マグカップ

マグカップの全身写真
  • マグカップ (約)直径 8.3×9.2cm

ヘルスウォーターシリーズの器を使うと、時間の経過とともに味に微妙な変化が起こります。

コーヒー・日本茶等の熱い飲み物や冷たいジュース等、様々な飲み物をこの器に入れて30秒程度かき混ぜてから、通常の器に入れたものと味を比較してみてください。かきまぜながら時間をおくほど変化します。

嗜好や味覚には個人差があり全ての方が同じように感じるものではありませんが、「クセのある飲み物が飲みやすくなった」「コーヒーがまろやかな味に」「酸味が穏やかに」「口当たりが優しい(柔らかい)」などの声をたくさんいただいております。

美味しいと感じる味覚はそれぞれに違いますので、いろいろお好きな飲み物等でお試しいただき、ヘルスウォーターシリーズの器を伴侶動物たちと一緒にお楽しみ頂けたら幸いです。

※茶渋等の汚れも付きにくく、簡単に落とすことができ、洗剤等の使用も抑えることができます。

▲TOPへ


【注】-----------------------------------------------------------------------------------------------
※記載の器のサイズは、素材の特性により同時期の器においても5mm前後の誤差が生じることがあります。
※天然素材の性質上、商品の色合い(色味の違いや成分により茶系色・黒点、釉薬の色飛び等の出現)や形、釉薬の厚み等にも一個一個違いがございます。商品説明の「品質に関して」をご確認の上、商品の特性としてご使用に差し支えのない範囲のものは、ご理解、ご了承くださいますようお願い致します。
※また予告無く若干の仕様変更をすることがございます。予めご了承ください。

▲TOPへ